業務・工程の流れ

 

ここでは簡単な業務説明と工場工程を説明します。

1.設計・原寸 資材購入業務

 

ここでは、専用CADを使い、設計・原寸・工場製作図作成を行います。

また、工場加工に必要な材料・溶材等の発注表を作成します。

2.材料切断・穴あけ業務

 

工場に納入された材料を機械を使い、設計長さに切断・孔あけを行います。

3.罫書・仮組作業

 

切断・孔あけ加工された鋼材に罫書線(取付位置)を書き、ガセットプレートを仮組みを行います。

4.本溶接作業

 

仮組作業を終えた製品を半自動溶接機を使いガセットプレートを溶接していきます。

5.社内検査

 

溶接完了後、超音波探傷器を使い、溶接内部の検査を行います。

また、製品の長さ、外観、付属部品の取付等の検査を行います。

6.製品検査

 

社内検査後、設計事務所・ゼネコン等の立会検査を行い製品の検査を行います。

7.錆止塗装

 

製品に錆止塗料を塗ります。メッキ製品の場合はメッキ工場に輸送します。

8.輸送・納品

 

出来上がった製品をトラックに積込み現場に送ります。

 

9.現場納品・建方

 

工場で作った製品を現場で組立て、建物を建てていきます。